Exchange Online で一部の監査ログ機能が使用できない

こちらは、公開情報はではありませんが、サポートに問い合わせを行った結果でもあるので記載しておきます。

Office 365 (Exchange Online) では、各ユーザーの Auditenabled の値を変更することで、監査ログを有効化できますが、

下記の例では、監査ログを取得できません。

例:User A が、User B としてメール送信 (差出人を変更して)

前提条件:User A (Auditenabled:$true) は、User B の Send As 権限を保持している。

回避策は、OWA では、その他のメールボックスを開くからメール送信を行うことですが、通常の運用としては微妙なように思えます。

共有メールボックスに対して、Send As 権限を付与している方は多いと思いますので、注意が必要です。

なお、Exchange Server 2013 では問題なく動作します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中