Office365の概念的な話

技術的な話ではないのですが、Office365の概念というかどういう世界なのかという話をしようかと思います。(内容的には、Office365初心者から中級者向け)

Office365というサービスを利用する場合は、以下の2パターンに分かれると思います。

  1. オンプレADが存在して、オンプレのオブジェクトを同期してOffice365に反映させる。
  2. オンプレとかないのですべてOffice365での利用

 

  1. の場合ですが、一般的にはAD→Azure AD Connect(Dirsync)→O365 というデータの流れで説明されていることが多いと思いますが、正確には AD→Azure AD Connect(Dirsync)→Azure AD というのが正しいです。Office365は、Azure ADをテナントという単位で細かく分けて利用できるようにしているんですね。(裏側でどんな風にやってるのかはわかりませんがw)

 

ですから、Office365は実は Azure AD、Exchange Online、SharePoint Online、Skype for business がパッケージになっているというほうが理解はしやすいかもしれません。これを知っておくとわかりやすいこともあると思うので頭の片隅に入れておいてみてください。

(ADが無いと何もできませんからね。)

 

という小ネタでもなく設定でもなく概念的なお話でした。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中