IPスロットリングの回避方法について

以前、IPスロットリングについて記事を書きましたが、その際に回避方法についてあまり触れていませんでした。

回避方法としては、Exchange 管理センター上で、「受信コネクタ」の設定を行う必要があります。MSからも100%回避できるという保証はされていませんが、経験上、この設定を行って、スロットリングが発生したことはありません。

具体的な手順は、Technet上にもありますので割愛しますが、重要なポイントとしては、中継MTAやアンチスパムの製品が前段にある場合に設定を行う必要があります。

構成例を次に挙げます。

以下がMTAを介したメールフローの例

プレゼンテーション1

この構成の場合、特定のグローバルIPがO365に対してメールを大量に送り付けていると判断されIPがブロックリストとして登録されるといった状態になります。

受信コネクタの設定方法については、以下の手順を確認ください。

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn751020(v=exchg.150).aspx

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中